セフレ探しに困ってる方へ~無料でセフレが作れます~

メインイメージ

セフレに情はいらない

2014-12-25

セフレはセフレとして割り切ることが大事セレブとは、セックスをするための相手としてデートをするということもできます。

しかし、そのときにはあくまで情を移さないようにするということを心がけるようにしてください。

相手はセレブな女性ということになりますから、それだけセフレとしての関係を持つことも難しいのです。

割り切った関係を続けるためには、セレブとセフレになっているという事実を考えるようにしてください。

最もそうした関係を維持することに必要な条件は、既にお互いに特定のパートナーがいるという場合ではないでしょうか。

そうすることで、あくまで中心は自分のパートナーということになりますので、余計な情を移すこともなくなります。

セフレにとって最も面倒なことは、体の相性が良すぎるために相手から離れられなくなってしまうということです。

そのまま相手のことに情が入りすぎてしまい、セフレ以上の関係になってしまうということも考えられます。

セフレとのデートでも、そのために対策が必要になることもあります。

恋人同士で行くようなところをセフレとのデートに選んでしまうと、そのまま恋人としての認識が生まれてしまうかもしれません。

ですから、ロマンチックな雰囲気を感じることができてしまうような場所は、ただ避けるようにしておきましょう。

その場合は、セフレから恋人に発展させたいということであれば別ですが、そうでないときには避けておくようにしてください。

セレブとのデートは難易度も高くなってくるものですから、関係をよい形で維持していくために考えてみてください。

セックス中毒の女性

1週間に1回はセックスしないと、おかしくなっちゃうんです。

やる気もでないし、体が疼きすぎちゃって泣けてきちゃうから、私に取っては重い病気と一緒なんです。

だから、何人かセフレを作っちゃってる私。

セフレ関係なら浮気とか関係ないから楽ですから。

彼氏は今の所はいらないからセフレとのセックスを楽しんじゃってるんです。

急に電話してきた、たくさん作ってるセフレの一人。

会いたいって言われたし予定もなかったから会うことにして夕方に駅で待ち合わせしてると車で迎えに来てくれたセフレ。

車に乗ると、セフレの家に向かって部屋に入ると、デリバリーピザをつまみに、お酒を飲んでハイになっちゃった所で濃厚なディープキスをしながら、そのまま押し倒されて激しくて濃厚なセフレの前戯に何回も逝かされまくっちゃった私。

挿入した瞬間には全身に電流が走ったみたいに一瞬、快感が一気にきちゃって、セフレはそのまま激しく腰を振りまくりながら最後は2人で抱き合って一緒に逝っちゃいました。

そのままセフレの家に泊まって朝帰りしちゃっ私。

1週間に1回はセックスしなきゃダメだから、結婚するなら性欲が強い男が第一条件の私って、かなりのセックス好きな女なのかもしれませんよね。

関連記事

近場の相手を探すことをおすすめします

セフレサイトを利用しようと思っている方にアドバイスです。

セフレが欲しい、と思うならば近場の相手を探すことをおすすめします。

同じ県の人を絞り込んで探すのは当然・・・としても、あまり近くに住んでいない人と関係を持ってしまうと、その付き合いは長く続かないことが多いのです。

以前、同じ県の女性とセフレになったことがあるのですが、その女性とは会いに行くのに微妙に距離があり、時間がかかってしまって、会いたいときにすぐに会えない・・・という感じでした。

3ヶ月くらいは関係が続いていたのですが、結果自然消滅してしまった・・・という感じです。

同じ都道府県だからたまに会えれば良いや、という気持ちでいても、実際にセフレになってしまうと、愛着も湧きますし、やっぱり「会いたい」と思った時にすぐに会える距離でなければその関係は長くは続かないと思います。

セフレと言っても人と人との関係には「相性」もあるし「駆け引き」もあるのです。

都合の良いときにセックスをする、という単純な仲のように見えて、男女の関係には変わりないのですから、やはりうまくいかないときもあるのです。

セフレはあまりころころと相手を変えるのはおすすめしません。

一人の人と、またはある程度の決まった相手と長続きさせるほうが精神的にも楽だし、信頼関係が強まるので、近場の相手でいつでも会える人を探しましょう。

地域掲示板などがあるサイトが多いので、そこで近い地域の人を探してみてくださいね。

サイト内では、同じ地域の人、となると自然に注目されるので、できるだけ住んでいる地域は詳しく書いたほうがいいと思います。

そうすれば近所の人が見つかるかも!

茨城県のセフレが欲しい!

水戸黄門と水戸納豆茨城県の県庁所在地、水戸はいろいろとブランドの名前につく街です。

わけても有名なのが水戸黄門と水戸納豆でしょう。

この二つのキーワードから茨城県民の特性を考えていきます。

まず、水戸黄門といえば、正義感の強さでしょう。

悪を倒す水戸黄門の姿はその典型と言えます。

次に水戸納豆ですが、水戸の納豆は、江戸時代に急速に広まりました。

それまでの納豆に比べて小粒な水戸納豆は、江戸で大はやりしたのです。

これをブランド化して江戸に販路をもうけた水戸商人は、都会的な性質と商人的な合理主義を持ち合わせていました。

茨城県民は正義感が強い反面、ビジネスライクなところもあるのです。

女の子も同様で、茨城の女の子は真面目で、でも非常に合理的でドライな考え方をします。

ですから、茨城の女の子をセフレにするには、きれいだね、なんていう軽々しいお世辞を言うのではなく、ちゃんと論拠にもとづいたしっかりとした言葉遣い、態度をとらなければなりません。

茨城の女の子は東京に近いこともあり、都会的なので、セフレには寛容ですよ。

関連記事

セフレとデートするときに心掛けたい事

セレブとデートを楽しく続けているためには、あくまで遊びの関係であるということを意識することが大切です。

それは、恋人とのデートというよりも友達とのデートというほうが意識しやすいかもしれませんね。

特にセフレの関係ということであれば、相手とはあくまで友達ということを考えることが大切です。

そこに感情が入りすぎてしまうようであると、友達の関係から歪んでいってしまうようになります。

それは、セフレとしての割り切った関係を続けていくことができないということでもあります。

セフレという関係は、相手によって自分の性欲を満たすことが出来るというものです。

ですから、会いたい時に会ってセックスをするということができればセフレとしては十分なのです。

中には、セフレから恋人の関係にまで発展をするということもあるかもしれません。

ですが、それは本人が望んでいないということであれば、あまり求めてはならないものかもしれませんね。

そんなセレブとのデートをするためには、どういった場所が最適といえるでしょうか。

恋人感覚でのデートをするということももちろんできますが、それではセフレ以上の関係になってしまうかもしれません。

男性の場合には、その女性のほかにも何人もセフレを持っているようであれば、一人の女性に対して余計な感情を持ちすぎるということはなくなると思います。

ですが、女性の場合にはそこまで何人もセフレ候補を持っているということは少ないと思います。

ですので、セレブとデートを続けていくことによって、そこに感情が生まれてしまうようになるといこうことも考えられます。

しかし、そこからいつでも好きなときに会ってセックスをすることができるというセフレの関係が崩れてしまうことを望まないのであれば、デートの回数も抑え目にするほうがよいかもしれません。


セフレとして上手に続いている理由

私が以前とあるチャットで知り合った女性は、主婦でありながら、Sのご主人様と付き合っていました。

もちろん、彼女の夫がSなのではなく、SM関係をもつセフレがいるという意味です。

彼女は、一時期など三人のセフレと同時に付き合っていたそうで、驚いた私はぶしつけだと思いつつも聞いてみました。

「セフレの、しかもSMの相手なんて、どうすれば探せるの?」すると彼女は、メル友募集サイトや、チャットを利用した、と答えてくれたのです。

ネットにはSM趣味の人が集まるサイトもあるのでは、と疑問だったのですが、彼女いわく「主婦だから、そういうサイトは避けるようにしているの。

だって、もしうっかりブラウザの履歴を消し忘れて、それがモロにSMサイトだと、旦那に見付かった時にまずいでしょう?」ううむ、確かに。

「それにチャットなら、リアルタイムで話せるから、相手がどんな人が感触が掴みやすいの」なるほど。

とは言え、彼女も「相手を選ぶときは、もちろん慎重になるわよ。

一ヶ月くらいじっくり話して、その人が安心出来そうなら、その後でメールを送るようにしてるから」と、用心はしているそう。

彼女は主婦ですから、直接会うとなると「三ヶ月か、それ以上は時間をかけないと選べない」そうです。

今は子育てに加えてパートもしているので、以前は三人だったセフレの中から、気の合う一人を選んで、その人とだけ楽しんでいるとか。

「いちばん大事なのは、お互いに干渉しないで約束事を守ってくれる人かどうかね。

セフレはあくまで楽しむもの、私が家庭を大切にしていて、家族を壊すようなことはしたくない事を分かってくれる人、というのがセフレの最低条件」主婦として、これが本心なのだろうな、と思いました。

「相手の人にも家族があるから、そこがセフレとして上手く続いている理由かも知れない」いやはや、勉強になりました。

関連記事

カテゴリー: セフレとデート タグ:

セフレ関係の終焉

セフレは都合のいい関係という認識がありますが、その関係から別れようとしても、後腐れが残ってしまう場合もあるようです。

例えば、男性自身とは特に問題なく別れることができたとしても、その本来の彼女などにセフレの関係がばれてしまうということもあります。

それが、結果的に女性同士の確執の原因になってしまい、トラブルになるということです。

男性としても、セフレとしての関係を断ち切るためには、その周辺の関係にも十分に注意をして、タイミングを計る必要があるのではないでしょうか。

最も危ういのは、本人に何も言わずに消えるというフェードアウトの形でしょう。

それは、女性側に気を残したままに関係を終わらせるということになってしまいますから、相手によってはまたしつこく連絡をしてくることになるかもしれません。

別れたということを認識させないと、相手としてはまだ関係が続いていると思っているかもしれない、ということですね。

相手が行動力のある女性であった場合は、職場や自宅などにもあらわれてしまうかもしれません。

もし、そこで本来の彼女がいるということであれば、そこからセフレを持っていたということが発覚してしまうかもしれません。

そうなれば結局本来の彼女との関係も終わってしまうかもしれないので、セフレとの別れ方には注意をするべきでしょう。

相手の不満をしっかりと解消したうえで別れることが、円満な別れ話ということになるでしょう。


目的がハッキリわかるってところがいい

OLとして仕事をするようになってからしみじみ思うことって、学生の頃はたくさん時間使えてよかったなぁって。

お勤めに出るようになってからは、ただただ忙しいって感じでなんにも余裕ない感じになってしまい、なんだか会社の奴隷みたいで自分の楽しむ時間も持ててないんですよね。

つくづく大学の先輩の言っていたとおりだなぁって、ため息ばかりです。

会社がお休みの日だって、ただ疲れているだけでお外に行く元気もでなかったり、せっかく友達が誘ってくれても家で休みたいからと断ったりで、ちょっと人生乾燥しすぎていたんですねぇ。

ただ会社に行って家に帰る、休みの日は出かけない、当然かも知れないけど素敵な出会いなんて有るわけもなくて虚しい3年が過ぎ去っていった感じてた。

友だちと話すときも「出会いないんだよねぇ」なんてこぼすばかりだったんですが、その友達が「出会い系のサイトつかってみればどう?」なんて言い出して。

最初はそれを聞いて冗談だと思って笑っただけなんですけど、後々考えてみてまったく出会いない今だから、そんなサイトに使ってみてもいいかなぁってちょっと考えてみたりして。

でもやっぱり最初は怖かったんです。

ただエッチな事しか考えてない男の人ばかりだろうとおもってたし、お金取られるだけのところもあるみたいだし。

まぁ登録して嫌だったら直ぐ使うのやめればいいだけだから、別に会わなきゃいけないって決まりがあるわけでもないし、って考えなおしてセフレサイトを使ってみました。

使ってみて分かったのは、相手の目的がハッキリ分かるってことでしたね。

デートしたいのか友だちになりたいのかセフレなのかって、ちゃんと分かった上でメールできたりするので安心しました。

わたしと同じような条件を求めている人もいましたから、使ってみてよかったなって今は思ってます。

関連記事

セフレと本命の相手との差

セフレと本命の彼女の差がどこに現れるがご存知でしょうか?もちろん人それぞれで、違うとは思いますが大体はセフレの方が扱いが荒いです。

セフレは都合の良い時に呼び出され、セックスをしてさようならです。

そしてホテル代も割り勘だったり、ちょっと変わった趣向のセックスを強要されたりもします。

セフレなので、嫌だったら会わなければ良いだけの話です。

本命の彼女には、なかなか出来ないセックスをセフレに求めたりすることが多いかもしれませんね。

失いたくないと思っているので。

その点、セフレはいらなくなったら簡単に捨てれてしまいます。

なので、気も使わなければ、愛情も抱かれません。

中には恋人以上に良い関係を築いてセフレになっている方々もいるようですが、少数ですね。

連絡の取り方も、本命の彼女に対してはマメになるはずです。

ある程度わがままも聞いてあげるでしょう。

本命の彼女にはプレゼントを贈ったりしますよね?セフレとイベントをお祝いしたりする事は少ないのではないでしょうか。

セフレになる女性は意外と謙虚な女性が多いです。

自分は二番目で良いとか、お金は自分が払うとか、男性に安く見られがちです。

本当は本命になりたいのに、セフレ止まりになってしまっている人、こころ当たりありませんか?もし、本命の彼女の道を諦めていないのでれば自分を安売りしないアプローチを心がけましょう。

セフレサイトで出会ったセフレ

私は30歳のOLで、いまの会社に努めてもう10年が経とうとしています。

この10年、周りを見渡すと知人は皆結婚して行きましたが、私には彼氏すらいないのです。

ですから、セフレサイトを利用してみました。

当初は数名とメール交換をしていたのですが、人数が多いと面倒ですから、その中から2人に絞ってやり取りするようになりました。

そして、デートに誘われたのです。

私はこれといって断る理由もありませんから、その人と会うことにしました。

実際に会うと、何か恥ずかしさを感じてしまい、まともに話もできなかったのです・・・。

しかし、居酒屋に入ってお酒を飲んでいると、徐々に饒舌になってきました。

その後、相手の男性が家まで送ってくれたのですが、私は一人暮らしでしたから、家で飲まないかと誘ってみたのです。

私はアルコールが入るとセックスしたくなる癖があります。

お酒を飲むと本性が出るとよく言いますが、私はとにかく相手を選ばずセックスしたくなるようです。

酔いで自制心がなくなり、本音が出るのだと思います。

そのときは、部屋で少し飲んだあと、セックスしました。

いつもの私とは思えない激しいセックスやいやらしいことをたくさんしたのです。

その日以来、彼とはセフレ関係になりました。

ときどき会って、お酒を飲んだり、セックスしたりしますが、そのことがストレス解消になっています。

彼には恋愛感情はありませんが、会うと身も心もスッキリするのです。

ふとしたときに、虚しさを感じることもありますが・・・。

関連記事

アーカイブ